日本語 | 中文版 | English
ホーム   深圳概要   産業紹介   投資情報   事務所紹介  
 
Abou ShenZhen
深圳概要
深圳概要
  深圳概要 ホーム  > 深圳概要 > 深圳概要 

深圳という地名が初めて出るのは1410 年(明永楽八年)史籍の中であり、清の初年に建てられた。地元の方言では、田畑間の溝は“圳”または“涌”と呼ばれる。沼沢地がすきまなく広がり、村の辺は深い溝があるからこそ、深圳という名は形成したのである。深圳はまた「鵬城」とも呼ばれている。
1980 年、鄧小平氏による中国初の経済特別区に指定されてから、34 年間の発展を経て、深圳は昔辺境にある人口僅か3 万人の小さな漁村から「深圳スピード」で中国大陸随一の経済活力と発展スピード、市場化進捗度を誇るグローバルな大都市へと成長した。
深圳経済特別区の発展史は30 数年しかないが、かつて6700 年余りの人類の活動する歴史(新石器時代の中期に土着の住民が深圳土地で繁殖して生きていたことがある)、1700年余りの郡県の歴史、600 年余りの南端城、大鵬城の歴史と300 年余りの客家人の移住する歴史を持つ。

地域名:広東省深圳市(1980 年8 月一部を経済特区指定され、2010 年8月全市範囲に拡大)
地理:南中国海に面する広東省の南に位置し、南は香港、北は広東省東莞市と恵州両市と接する
海岸線:230㎞
気候:亜熱帯海洋性気候、年平均気温23.4℃、年平均降水量1,936.5㎜
面積:1, 996. 85㎢(東京都とほぼ同じ)
人口:2013 年末現在、常住人口約1,062.89 万人
平均年齢:33.6 才
行政レベル:広東省直轄市、国家副省級市
行政区画
6つの行政区:羅湖区、福田区、南山区、塩田区、宝安区、龍崗区
4つの機能新区:光明新区、坪山新区、龍華新区、大鵬新区
市の花:ブーゲンビリア
市の木:ライチ

位置図

深圳のワールドネットワーク

※拡大図を見る

 
copyright @ 2009-2014 深圳市駐日経済貿易代表事務所